フロアコーティングの種類とポイント


フロアコーティングは床面に皮膜を張ることで、生活で出るであろう傷などの予防、水分での腐食、紫外線などからガードしてくれます。


維持期間としてはワックスなどの数ヶ月に一度のペースでされることも無くなりますから、長い期間ツヤを保ち続けながら生活を送ることができます。

また種類もいくつかあることを覚えておくといいのではないでしょうか。

シリコンフロアコーティングは耐久、耐水、耐薬などに優れていることから一番選ばれているコーティングでもあります。



高級感あるツヤを出してくれることと、フローリング材との相性も良いので密着性が高めになっています。

もちろん定期的なワックスも必要なくペットの臭い関係も解決させることができます。

共同通信社なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

ガラスフロアコーティングはシリコン同様に耐性があり、こちらも施行されることが多くなっています。

微光沢で美しい仕上がりが好まれる理由となっています。

ウレタンフロアコーティングでは高濃度アクリル系ウレタン樹脂でできており、他のものに比べると、かなりソフトな感じに仕上げることができます。

樹脂が持っているものを生かした仕上がりは目立たないくらいになっています。

また下地処理をされると耐性も優れたものになるので、賃貸住宅などの3年5年くらいの間のメンテナンスとしてよく利用されているようです。
施工後のポイントとしては徐々に薄くなるので、コーティングが残っているうちに、市販の物で塗ってしまうと弾くことがありますので、専門業者に相談するようにしましょう。

本当のフロアコーティング情報を調べられるこのサイトはオススメです。